トリア スキンエイジングケアレーザーのシミへの効果と使用感とは?


40代も半ばを超えて鏡に映る自分の顔を見ると、無数のシミ、しわ、くすみ、たるみ、ほうれい線と見たくない物のオンパレードです。

お手入れはそれなりにがんばってきましたが化粧品でのケアにも限界があります。

エステや美容外科に通うことも考えましたが、時間とお金のことを考えると継続するのが難しそう…。

そこでやっぱり家でできる美顔器かなと思い、色々調べ始めました。

たくさんある美顔器の中で今の悩みであるシミとくすみに一番効きそう、と思って購入したのが「トリア」の「トリア・スキン・エイジングケアレーザー」です。

これは美容外科で使われているフラクショナルレーザーと同じ原理でお肌の奥に敢えてキズのようなものをつけるそうです。

そのキズを修復しようとする力を利用してお肌の再生を促す、というものです。

それにより加齢で遅くなっているお肌のターンオーバーが早まり、皮膚のシミやくすみが徐々に剥がれ落ちていく、という仕組みだそうです。

使用時にジェルや指定の化粧品もないので電源を入れたらすぐに当てることができます。

クチコミなどを見ていたのでレーザーを顔に当てる時にかなり刺激があるのは覚悟していました。

最初の慣らし使用の時はよかったのですが、出力をマックスにすると熱いような痛いような刺激がかなりありました。

がんばって指定時間を当て終わると顔はヒリヒリ、真っ赤になりました。

後はしっかり保湿をします。

翌日の腫れや赤みを心配しましたが、少しヒリヒリしますが化粧でなんとかごまかせました。

この美顔器はワンクール8週間使用して4週間お休みします。

使い始めて1週間くらいするとお肌の表面がガサガサしてきました。

さらに使い続けていくと、シミが濃くなり顔の表面にうっすらと茶色のコゲのような点々が出てきます。

心配になり調べるとこれはレーザーにより肌のメラニンが輩出されるようで、だんだんかさぶたのように取れていくそうです。

3週間目あたりでは肌のガサガサはピークで化粧ノリも悪く憂鬱でした。

でもこのかさぶたのようなものが取れたらキレイなお肌になるはず、とがんばって使い続けました。

しかし肌表面はガサガサですが、顔全体にハリが出て、ほうれい線やたるみが目立たなくなってきました。

そのうちにガサガサした茶色の点々がお風呂や洗顔時に取れてきて、肌がピカっとした感じに変わり始めたのです。

ワンクール終わった時には顔のくすみが取れて肌が白くなったように見えました。

そのあとの休止期間も肌は再生を続けるので、日に日にキレイになっていくのを見るのがとても楽しかったです。

今もう4クール目に入りますが、以前あった大きなシミは明らかに薄くなっています。

今まで色々美顔器を使ってきましたが、一番効果を感じて気に入っています。

少しの痛みに我慢できる人にはぜひおすすめしたいです。